m


塗るだけで小顔!

ほくろ除去の方法は皮膚科で簡単手術について

ほくろ除去の方法は、皮膚科で炭酸ガスレーザーの手術治療で簡単にできます。ホクロにコンプレックスがあるようでしたら、ほくろ除去をおすすめします。

ほくろ除去の方法は皮膚科で簡単手術新着エントリー

ほくろ除去のレーザー手術治療

ほくろ除去は、最近の美容医療の発達のおかげで、炭酸ガスレーザー治療などによって簡単にできるようになりました。

人間なら誰もが顔や体に「ほくろ」を持っていますよね。

顔のほくろがもっとも気になると思いますが、顔のほくろはもちろん、体中どこでもほくろ除去できます。

顔に複数のほくろがある方は、全部のほくろ除去をしたいと思うかも知れませんが、目立つ大きなほくろを、ほくろ除去するだけでも、印象は変わります(もちろん複数のほくろ除去をすることも可能です)。

ほくろ除去の前のカウンセリングで、専門医がほくろ除去するほくろの状態を詳しく診察します。

万が一、ほくろ除去が難しい、危険性のある場合には、ほくろ除去施術を断念しないといけないケースもあります。

ほくろ除去は基本的に炭酸ガスレーザーというレーザー治療機器で行います。

レーザー光線が皮膚表面の「ほくろ」の色素細胞を熱で破壊します。

レーザー治療での、ほくろ除去の所要時間は10分程度です。

ほくろ除去施術の前に、ほくろのある部分のみ部分麻酔をします。

その後炭酸ガスレーザーを瞬間的に照射します。照射時間は一瞬で麻酔をしていますので痛くありません。

施術後は、ほくろ除去した部分に肌と同じ色の小さいテープのみ貼ります。

ほくろ除去後の洗顔やお化粧は翌日から可能です。

レーザー照射後一時的に、照射したほくろの部分が濃くなることがありますが1週間から2週間で、ほくろ表皮がかさぶたになって剥がれ落ち、ほくろのない肌に生まれ変わります。

完全にキレイな肌になるわけではありませんが、炭酸ガスレーザーは最小のダメージ、傷跡でほくろ除去します。

また、ほくろ色素細胞が皮膚の深い位置にあると、1度の照射では完全にほくろ除去できない場合もあります。

レーザー治療によるほくろ除去料金は、直径1mm角以下なら、1箇所4,000円程度です。

レーザー治療によるほくろ除去後一週間後に再受診があり、経過に問題がなければ、創部確認の為1ヶ月後、3ヶ月後に受診します。

●そもそも「ほくろ」って何?

ほくろは本来、種類によって単純黒子または、色素性母斑という医学名があります。

単純黒子と呼ばれるほくろは基本的に小さくメラニン色素が浅く、レーザー治療でほくろ除去できます。

色素性母斑と呼ばれるほくろは、メラニン色素を生成する細胞が多く、一般的に大きいほくろや、盛り上がったほくろがそれにあたります。

大きいほくろ除去もレーザー治療で可能ですが、再発する可能性や、ほくろ除去施術後のくぼみが残ったりすることがありますので、手術でほくろ除去を行う場合が多くなります。


湘南美容外科クリニックの若返り治療体験しませんか?

ほくろ除去の方法は皮膚科で簡単手術カテゴリー項目一覧

<リンク> WELBOXじゃらん アモスタイル アランミクリ メガネ アンラシーネ イルクオーレ